レチノールの効果と副作用などの疑問を徹底解消!

目元アップ1

 

このページでは、大人気のアイクリーム「アイウルル」に含まれる主成分レチノールについて解説します。

 

アイウルルを使った方は、

 

「目元の印象がガラッと変わった!」

 

という喜びの声をあげています。

 

もちろん、私もそのうちの一人。

 

でも、なんでこんなに、アイウルルを使うだけで目元に潤いとハリができて、印象が変わってしまうのでしょうか?

 

その秘密は成分にありました。

 

今回は、そんなアイウルルの秘密の成分のひとつ、レチノールについて解説します。

 

レチノールとは?

疑問を感じる女性1

 

まず、レチノールとはそもそもなんなんでしょうか?

 

アイクリームをよく使ってきた方なら聞き慣れた成分かもしれませんんが、具体的にどんな働きがあるのか?

 

あなたは知っていますか?

 

詳しく解説していきます。

 

レチノールとはビタミンAのことです。

 

つまり、アイウルルには「純粋生のビタミンA」が配合されていることになります。

 

英語ではretinolと書きます。

 

厳密にはビタミンAの物質名がレチノールといいます。

 

で、そのレチノールは視力を維持し、皮膚や粘膜を丈夫にする脂溶性のビタミンです。

 

ちなみに、カロテンという物質は、摂取すると体内でビタミンAに変わるプロビタミンと言われています。

 

レチノールはレバーやウナギなどの「動物性食品」に含まれます。

 

カロテンは、緑黄色野菜などの「植物性食品」に含まれます。

 

レチノールの効果は?

目元をケアする女性1

 

レチノールがビタミンAであることまではわかりましたね。

 

では、アイウルルにはどういった目的でこのレチノールが配合されているのでしょうか?

 

言い方を変えると、アイウルルにレチノールが含まれることによって、目元にどんな変化を与えてくれるのでしょうか?

 

一番大事な効果の部分について詳しく書いていきます。

 

目元にハリや潤いを与える効果

レチノールがアイウルルに含まれる、最大の理由と目的はこれです。

 

レチノール(ビタミンA)は、皮膚や粘膜の正常な代謝を促進するビタミンです。

 

肌を健康にして、保湿機能を高める効果が期待できます。

 

また、真皮では、コラーゲンの合成を促進する研究結果もあり、目元のシワやたるみの予防効果も期待できます。

 

逆に、このレチノール(ビタミンA)が不足すると、目元などの粘膜や皮膚が弱くなり、感染症や皮膚炎にかかりやすくなるリスクがあります。

 

レチノールの副作用の危険性は?

心配する女性1

 

そんな目元には欠かせない成分であるレチノール。

 

アイウルルを使った方の目元の印象がガラッと変わってしまうのもこのレチノールの働きが大きいことがうかがえます。

 

でも、副作用の心配とかはないのでしょうか?

 

調べてみましたが、レチノールは適量の摂取であればほとんどの場合は安全であることがわかっています。

 

ただし、レチノールを過剰摂取すると、体内に蓄積して、頭痛、吐き気、発疹などの過剰症を引き起こす可能性があります。

 

また、妊娠中に過剰摂取すると胎児の奇形にもつながるといわれています。

 

いくら、目元の印象を変えたいからと言って、レチノールの過剰摂取はしないように注意しましょう。

 

レチノールのまとめ

目元を輝かせる女性1

 

ここまで、レチノールの特徴や効果、副作用の危険性についてまとめてきました。

 

いかに、アイウルルにおいて欠かせない成分であるかがおわかりいただけたのではないかと思います。

 

最後にもう一度、レチノールの特徴についてまとめていきたいと思います。

 

  • レチノールはビタミンA
  • 目元などの皮膚にハリと潤いを与える成分
  • 適量の摂取であれば副作用の危険性はほぼない

 

簡単にまとめるとこのようなことがわかります。

 

しかも、アイウルルはそんなレチノールを「純粋生」で配合しています。

 

つまり、純度100%ピュアなレチノールがアイウルルに配合されているんです。

 

どおりで、アイウルルは目元を輝かせるほどの潤いを与えてくれるわけですね(笑)

 

アイウルルの詳細はこちらのページからご覧いただけます。

 

【効果なし?】アイウルルを使った口コミ!目元のシワが消えるってホント?